愛しき君よ

大事なのは、

君の笑顔だよ

大事なのは、

君が笑って、微笑んでること。

他はどうだっていいんだ

僕はどうだっていいんだ

他はどうだっていいんだ

君が笑って一日を過ごすなら

僕はどうだっていいんだ

それを証明する術は知らないけれど

ビリーヴ

信じてくれると幸いなのです

貴女が居る事が

存在していることが

幸いなのです

ちっぽけな僕にはそれしかなくて

君を不安にさせてしまうかもしれない

でも

でも

やっぱり僕にはそれしかなくて

君の笑顔が

最高の幸いなのです

やっぱり

やっぱり

やっぱり、

どうしったってそれだけが

最高の幸せで

こんな僕で出来ることがあるなら

こんな僕で出来ることがあるのなら

君を幸せにしたいのです。

一瞬でもいいし

永遠でもいい。

君に

笑顔で

いてほしいのです

いてほしい。



そしてそんな愚かな僕らはいつも

涙をながすより血をながして

しまうのです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック