世界は俺の為にある そして貴女の為に僕が居る いや、居たい。

痛い。  


ただ


痛い。   いたい。







この激痛を、 この世界では 恋とか愛だとか  
                 云うらしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック